有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

【もう、来シーズンの薪が心配なんです・・・。】

今年の冬は、ずいぶん薪ストーブにお世話になったので、庭の薪棚はどんどん空になっていきます。

薪棚が空になると、残高のない通帳を見るようで、なんだか寂しい気持ちになります・・・。

まだまだ寒い日が続きますが、今シーズンはなんとか足りそうです。

来シーズンの分は、全然ありませんが・・・。


なぜ、今から、先の心配しているかというと、薪は乾燥が必要だからです。

乾燥が不十分でも、火はつきますが、炉の温度がまったく温度が上がらないので、暖かくないんです。

本当は、作った薪を、2年くらい放置して乾燥させたいところですが、最低でも半年は必要です。

一節によると、2年くらい乾燥させた薪が、火力が強いという話もあります。


ですから、薪ストーブのあるお宅では、今が薪割りシーズンなんです。

薪割りしてても、寒いので、汗もあまりかかないですし・・・。


冬に伐採された木々は、根から水分をあまり吸い上げていないので、

元々含水率が少なかったり、虫も少ないという利点もあります。

16807299_1372382896175482_4968707222996774269_n.jpg

ちなみに、左の二列が今シーズンの薪で右が、先週作った来シーズンの薪です。

これからまだまだ、肉体作業が必要です・・・。


16729515_1372382899508815_6810344334911792848_n.jpg

16711756_1372382906175481_1359876733927714281_n.jpg

独楽蔵ホームページはこちら

  1. 2017/02/16(木) 18:29:34|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |