archive: 2017年02月11日  1/1

【築40年 入母屋屋根が立派な旧家のリノベーションに挑戦中です】

昭和時代の大きくて立派な住宅ですが、外観は、階高が高くて全体的に腰高な雰囲気ですので、既存の大屋根の下に大きな庇を廻して軒を深くし・・・、重心を下げるように心がけました。新たな庇の設置は、既存の屋根がかなり入り組んでいたり、大きな銅製の縦樋が干渉したりで、かなり悩みながら現場で調整。外壁も下地部分で構造用合板で囲んで、耐震性も確保します。当時の新建材は、今では逆に古さを感じてしまうので、すべて撤去...

  •  0
  •  0