有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

成長

先日、「以前(約9年前くらい)住宅を設計した千葉の I さん」から久しぶりに電話を頂きました。

「子供が大きくなって、これから一人で寝るようになるので
 子供部屋のロフトを使おうと思っている」

「ロフトには、簡易的な手すりが付いているが、
 夜寝ぼけて落ちそうなので、落下防止をどうしよう?」

とのことでした。

竣工当時は、小さかったお子さんも、もうそんなに大きくなったのかなあと思い
それぞれの時間の経過について思いをめぐらせてみました。

あの頃は、わたしも自身も子供がいませんでしたし・・・・。
住んでいる場所も時間の間隔も、今の生活とは、まったく違うモノだったなあ・・・。
あの頃、I さんの息子さん(次男)は、いつも長靴を履いていたなあ~・・・。などと・・・。

I さんは「大工さんに頼もうかどうしようか?」考えておられたので

「ロフトは、いろいろなことを想定して、
釘やビスがどこでも打てるラフな仕上げにしてあるので
ちょっと頭を悩ませて、DIYしてみたら・・・」
と提案してみました・・・。

どういう具合になるかわたしも楽しみ・・・。

家族の成長と共に、家も成長していきます・・・。

とてもうれしい電話でした。


I さんの住宅はこちら

I さんの住宅 掲載誌はこちら「チルチンびと 31号」


  1. 2011/09/30(金) 11:30:44|
  2. 引き渡し その後|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ