category: あかり  1/3

【地域や通りをちょっぴり明るくする門前の明かり】

門はないけど・・・、なぜか門前というコトバが、シックリきますね・・・。独楽蔵ホームページは、こちらfacebook(長崎昭人)は、こちら...

  •  0
  •  0

【「家族団欒の明かり」は、減少傾向?】

夜、通りに漏れる「家族団欒の明かり」を見ると、とても幸せな気持ちになりますよね。そんな幸せそうな家々が連なる通りは、歩いていても楽しいですし、物理的にも、ちょっぴり明るくて、防犯的な側面でも安心感があるかもしれません。想いとは反対に、最近は、家の周りが真っ暗という住宅街も多く、なんだか街全体が暗くなってきた印象があります。夜景で有名な函館や長崎は、人口減少や空き家、省エネ対策などの問題で、夜の街が...

  •  0
  •  0

【ランプナイト】

今日は、インダストリアル(産業用)ランプのお話を聞きに、神楽坂に出掛けました。時代的には、1930年代〜1970年代くらいのライト。電気のインフラ自体の問題や工業化の具合から、ドイツやフランスのモノが中心です。Kandem/Midgard/Kaiser/Rademacher(ドイツ)GRAS/ Jielde(フランス)Anglepoise (イギリス)など…、各国のお国柄が現れているメーカーのランプを時代に沿って、いろいろと見ることができました。どれも、とても状態がい...

  •  0
  •  0

電化製品と家具、家具と建築の間のトコロ

事務所の納戸から照明器具を引っぱり出してきました一つは、ライティングレールにそのまま付けるスポットライトもう一つは、木で作った竿をつけたスポットライト所々にあるホールの壁の穴に竿を差し込んでいきます取り付けると・・・、はい、こんな感じ普段使いのホールから、展覧会や個展のための照明スタイルに早変わり照明の具合も普段とはかなり違います建物自体を変化させることは難しいですが・・・照明をちょっと変えてみる...

  •  0
  •  0

照明器具のカタログ

これ、すべて照明器具のカタログです。積んでみるとたくさんありますね。(東京ドーム何個分?)最近は、徐々に器具がLED化していますので・・・数年前とは、ずいぶん違ったラインナップになっています。電気の分野も、日々変化していますのでいつまでたっても、勉強が必要ですね・・・。...

  •  0
  •  0