category: あかり  1/3

光のインテリア

光の射し方だけでも、部屋の印象って、ずいぶん変わりますね・・・。わても寝たい・・・。独楽蔵ホームページは、こちらfacebook(長崎昭人)は、こちら...

  •  0
  •  0

【日本の夜は明るすぎる?】

雰囲気のある空間は、光の明暗、バランスなどがいい場合が多いですね。昼間は日差しの扱い方ですし、夜であれば、照明の使い方です。日本では、どうしても夜は、部屋全体の明るさ重視の傾向がありますので、日常的に天井付けのシーリングライトの均一的な明かりに慣れてしまっています。これは、電気が普及してからの大きな変化の一つですが、日本人の考え方の変化に、とても影響している気がします。レストランやショップも高級店...

  •  0
  •  0

【地域や通りをちょっぴり明るくする門前の明かり】

門はないけど・・・、なぜか門前というコトバが、シックリきますね・・・。独楽蔵ホームページは、こちらfacebook(長崎昭人)は、こちら...

  •  0
  •  0

【「家族団欒の明かり」は、減少傾向?】

夜、通りに漏れる「家族団欒の明かり」を見ると、とても幸せな気持ちになりますよね。そんな幸せそうな家々が連なる通りは、歩いていても楽しいですし、物理的にも、ちょっぴり明るくて、防犯的な側面でも安心感があるかもしれません。想いとは反対に、最近は、家の周りが真っ暗という住宅街も多く、なんだか街全体が暗くなってきた印象があります。夜景で有名な函館や長崎は、人口減少や空き家、省エネ対策などの問題で、夜の街が...

  •  0
  •  0

【ランプナイト】

今日は、インダストリアル(産業用)ランプのお話を聞きに、神楽坂に出掛けました。時代的には、1930年代〜1970年代くらいのライト。電気のインフラ自体の問題や工業化の具合から、ドイツやフランスのモノが中心です。Kandem/Midgard/Kaiser/Rademacher(ドイツ)GRAS/ Jielde(フランス)Anglepoise (イギリス)など…、各国のお国柄が現れているメーカーのランプを時代に沿って、いろいろと見ることができました。どれも、とても状態がい...

  •  0
  •  0