有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

【ランプナイト】

今日は、インダストリアル(産業用)ランプのお話を聞きに、神楽坂に出掛けました。

時代的には、1930年代〜1970年代くらいのライト。

電気のインフラ自体の問題や工業化の具合から、ドイツやフランスのモノが中心です。


Kandem/Midgard/Kaiser/Rademacher(ドイツ)

GRAS/ Jielde(フランス)

Anglepoise (イギリス)など…、

各国のお国柄が現れているメーカーのランプを時代に沿って、いろいろと見ることができました。


どれも、とても状態がいい感じで、見ていると欲しくなってしまいます。

普段の生活の中では、同じような趣味の人にあまり遭遇しないので、

聴衆の人が結構、多く集まっているのにも、ちょっとびっくりしました。

皆さん案外、詳しいし…。

東京恐るべしです。

そして、自宅にあるブルーグレーのホーローが特徴の

Rademacher(ラーデマッハ:ドイツ)社製スタンドライトは、

やっぱり好きだなぁ〜と再認識。

ちょっと気持ち悪い奴ですかね…。

16683841_1301858209874129_7169331650830788351_n.jpg

16864439_1301858213207462_4370075187748111741_n.jpg

16832068_1301858216540795_6132753614606618856_n.jpg

16938631_1301858219874128_8755183148468982830_n.jpg

独楽蔵ホームページはこちら

  1. 2017/02/22(水) 19:33:22|
  2. あかり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

電化製品と家具、家具と建築の間のトコロ

事務所の納戸から照明器具を引っぱり出してきました

120606-01.jpg

一つは、ライティングレールにそのまま付けるスポットライト

もう一つは、木で作った竿をつけたスポットライト


120606-02.jpg

所々にあるホールの壁の穴に竿を差し込んでいきます

120606-03.jpg

取り付けると・・・、はい、こんな感じ

120606-04.jpg

普段使いのホールから、展覧会や個展のための照明スタイルに早変わり

照明の具合も普段とはかなり違います



建物自体を変化させることは難しいですが・・・

照明をちょっと変えてみるだけで、部屋の雰囲気はかなり変わってきます

既製品の照明もちょっと手を加えると、いろいろと遊べますよ・・・


電化製品と家具、家具と建築の間のトコロあたりが・・・たのしいかもしれませんね・・・






  1. 2012/06/06(水) 20:29:03|
  2. あかり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

照明器具のカタログ

これ、すべて照明器具のカタログです。

積んでみるとたくさんありますね。

(東京ドーム何個分?)

111227-03.jpg

最近は、徐々に器具がLED化していますので・・・

数年前とは、ずいぶん違ったラインナップになっています。

電気の分野も、日々変化していますので

いつまでたっても、勉強が必要ですね・・・。




  1. 2011/12/27(火) 15:24:14|
  2. あかり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

LEDの特徴

長寿命・省エネルギーが特徴で、徐々に一般的になりつつあるLED照明ですが・・・

その他にも、あまり知られていないメリットがたくさんあります。

1LEDは、発熱しない。(赤外線をほとんど出さない)
 これまで、熱の問題で器具を設置出来なかった場所にも設置可能。
 また、設置方法が簡易いになる。
 (器具自体は、多少発熱しますが・・・)

2瞬時に点灯する。
 (蛍光灯や水銀灯などは、100%の明るさになるまでに多少時間がかかります。)

3LEDの明かりには、紫外線がほとんど含まれていません。

 そのため、美術品・工芸品などに照射しても褪色・劣化を防ぐことができる。
 (日焼けの原因は、おもに紫外線)

 屋外で使用した場合に、虫が集まらない。
 (昆虫が光に吸い寄せられるのは、紫外線によるそうです・・・)

4光源が小さいため器具の小型化が容易。

5寒さ・衝撃に強いらしい・・・

6器具によって、ライトコントロールが可能。
 (明るさ、色味などの変化が楽しめます。)



こんなにメリットがあると、何かデメリットがないのかと疑いたくなりますが・・・
(わたしだけ・・・?)

現時点でのデメリットは・・・

1点の光源なので、光の広がりが少ない。

2商品によって演色性がまだマチマチ。

3値段が高い。

などでしょうか。

全部、デメリットまでとはいえませんが

その問題点も段々解消されつつあるようです・・・。

LEDへのシフトは、疑いようもありません。

  1. 2011/11/03(木) 00:19:52|
  2. あかり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハロゲンランプ

写真は、ハロゲンランプのアーム式スポットライトです。

ハロゲンランプとは電球の種類なので、ハロゲンランプを使った照明の種類は
ダウンライトやスポットライトなどがあります。

フィラメントが白熱する際の温度が高く、明るいので
モノ(対象物)をきれいに見せることができます。

よく、ショップのディスプレイや食品売り場などに使用されています。

110825-01.jpg

住宅では、空間のアクセントとしてスポット的に使用するのが効果的です。

ダイニングテーブル、床の間、飾り棚などなど・・・。

食事も、新鮮でおいしく見えるようになりますのでオススメです・・・。
キレイな人はよりキレイに,そうでないヒトもそれなりに・・・(笑)

今後は、白熱球同様にLEDの方向にシフトして行きそうです。



  1. 2011/08/25(木) 16:37:52|
  2. あかり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ