有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

薪ストーブ

おはようございます。

朝、事務所に着くと一番の仕事「火付け」

寒いですから・・・、当然です。

120107-02.jpg

この薪ストーブ、事務所と同じ年齢なので23歳くらいでしょうか・・・。

かなり年期が入って、いろんなところが微妙に壊れていますが

まだまだ現役で活躍中。

現代の薪ストーブと大きく違うところは、煙突がシングル(一重)だということ。

今、設置する薪ストーブは、標準的に煙突の断面が

二重構造(筒の中にまた筒が入っている感じ)になっていて

燃焼効率、断熱性、耐久性、安全性に優れています。

煙突が冷えると上昇気流が少なくなって、火も燃えにくいんです。

燃えにくくなるとケムリが多くなります。


事務所の煙突はシングルなので、燃焼の効率は悪いですが

逆に構造は簡単なので、自分でも修理することができます(今まで2度煙突の交換をしました)。

そういう意味では、効率がいいかもしれません(笑)

ちょっと大きいホームセンターに行けば、パーツも売ってますし・・・。



事務所の”おじいちゃん薪ストーブ”(なんとなく男性)には

もうちょっと現役で、がんばってもらおうと思います・・・。






  1. 2012/01/07(土) 11:15:52|
  2. 暖炉・薪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

薪を有効に・・・。

今日は、とても暑い日になりましたが、これから本格的な秋、冬も間近・・・。

今年は、大震災による電力不足の影響もあって
最近は、自然エネルギーが注目されていますが・・・

冬場の暖房に使う薪ストーブもその一つです。

薪ストーブの代理店、取扱店の方にお話を聞くと
やはり、具体的な相談やお問い合わせの件数も増えているらしいです・・・。

実際に薪ストーブを使用すると、とっても暖かくて
日常的に使用すれば、「薪ストーブ:一台」を主暖房として、
家一件分の暖房をまかなうことが可能だと思います。

実際に、それを実践しているお客さんも多くお見えになります。

取り扱い、灰などの後の処分も多分、皆さんが想像されている以上に簡単です。

その中で、多分、一番ネックになってくるのが、燃料の薪の確保だと思いますが・・・

専門の業者さんからの購入も可能(最近はかなりの数があります)ですし、
自分で確保することも出来ます。

薪ストーブを勢いよく燃やし続けると、かなりの量の薪が必要になりますので・・・

いずれにしても、薪の効率よく燃焼させることと
出来た「熱」を有効に使用するような考え方が必要だと思います。

111016-02.jpg

現在、建設中の埼玉県飯能市の住宅。
リビングに薪ストーブ設置予定です。

大工さんがただいま、2階に通じるトンネルを施工中!

1階のストーブの暖気を2階にもおすそわけ出来るように・・・・

111016-01.jpg

2階床部分 このグリルから暖気が上がってくるはずです・・・。
(もちろん使用しない時のために、開閉可能です。)

暖気は自然に上に上がっていきますから・・・
これも自然の力です。

今年の冬が楽しみです・・・。


  1. 2011/10/16(日) 18:25:08|
  2. 暖炉・薪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

煙突掃除

今シーズンは、かなりお世話になりましたので・・・
今日は、薪ストーブの煙突掃除をしました。

110402-01.jpg

まず、煙突のトップを回転させて外します・・・
トップのケムリが抜ける側面には、網が付いているので
ここもかなり汚れています。

110402-02.jpg

市販のワイヤーブラシ(150mm煙突用)とジョイント式のワイヤー(1000mm×4本)
ホームセンターで 約\1300-で購入

110402-03.jpg

煙突の大きさとピッタリなワイヤーブラシ・・・
最近の煙突は、内部が冷えないように[内側:直径150mm][外側:直径200mm]の2重構造になっています

ワイヤーブラシが入るのは、もちろん内側の150mmの部分になります

汚れがきれいに落ちそうな気がします。


煙突上部からワイヤーブラシを挿入して
ワイヤーをジョイントさせながら煙突の下の部分まで掃除していきます。

110402-04.jpg

下部に出てきた煙突の汚れ

かなり汚れていました・・・


  1. 2011/04/02(土) 17:17:01|
  2. 暖炉・薪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

薪作り

先日、近所の造園屋さんから伐採した木の枝を頂いていたので
チェーンソーで40センチ程度にカットして、薪にしていきます

110207-01.jpg

冬場に伐採した樹木は、水分が少ないので
(冬場は、樹木が根から水をあまり吸い上げないから・・・)
乾燥させるのには好都合ですが、
乾燥期間は充分必要になりますので、来シーズン用の薪になる予定です

110207-02.jpg

その間、ほかの人たちは、河原で点火材に使うソダ(小枝)集め・・・

110207-03.jpg

何を勘違いしたのか、ガラスを集めるヒト・・・

110207-04.jpg

ちょっと腰も重くなってきたので、
今日は、ここまで・・・


  1. 2011/02/06(日) 17:43:08|
  2. 暖炉・薪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

薪ストーブ

寒い日が続くと・・・

110131-01.jpg

薪がどんどん減っていきます・・・

  1. 2011/01/31(月) 14:48:05|
  2. 暖炉・薪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

| ホーム | 次のページ