有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

【第3回:木質ペレットから見えてくるお国柄】 (エネルギーとして、ペレットについてよく考えて見る )

ペレットは、その原材料によって大きく分けて3種類あります。

① ホワイト(木部)ペレット
   樹皮を含まない木質部を主体とした原料

② 全木ペレット
   樹皮付き丸太や木部と樹皮を混合したものが原料

③ バークペレット
   樹皮が主体の原料

日本の種類別生産量の割合は、ホワイト:全木:バーク=3:4.3:0.3


全木ペレットの割合が多いのが特徴です。

それに対応するように国産のペレットストーブも全木ペレットを燃料とする機種が多いようです。


全木ペレットが多い理由としては、材料を分別する必要がなかったり、

無駄を出さない、コストを抑えられるなど・・・、

MOTTAINAI精神の日本人の性分に合っているから・・・というような理由が考えられます。


かたや、ペレットの先進国のヨーロッパでは、

家庭でペレットストーブに使用するものは、ホワイトが基本です。

全木やバークは、それ以外のボイラーなどに使われて、棲み分けがきちんとされています。

これって、ガソリンの種類に似ていると思いませんか?

欧州車は基本的にハイオク仕様で、国産車はレギュラーですから・・・。

どちらがいいということはありませんが、こういうところに、お国柄が出てくるのはおもしろいですね・・・。


ペレット使用の際に種類によって何が違うのかというと・・・、

まず、樹皮の含有量が多いほど、発熱量は小さくなり、灰は多くなります。

ですから、性能的にはホワイトペレットが優れているといえますが、そのぶん値段も高くなります。


その他の大きな違いは、クリンカーの量です。

クリンカーとはペレットを燃焼させた時に生成されるガラス質成分の事です。

このクリンカーが多いと、ペレットストーブの燃焼に必要な給気の穴を塞いでしまって、

機械の不完全燃焼や故障の原因になってしまう可能性があります。

燃焼皿を小まめに掃除したり、取り除くと問題ないのですが・・・・。

エアコンフィルターのお掃除をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。


クリンカーの主にシリカ成分で出来ていて、

このシリカ成分は他のミネラルや汚染物質(放射能やその他の科学物質など・・・)と同様に、

樹皮部や枝の生長する部分などに集中するが以前からわかっていたそうです。

ホワイトペレットが基準のヨーロッパ仕様は、

「家に汚染物質を持ち込まない」という科学的根拠に基づいた仕様であるとも言えます・・・・。


(表は日本木質ペレット協会のものです)


次回は【第4回:木質ペレットの需要を増やすために出来ること】


8_1.jpg


独楽蔵ホームページはこちら

  1. 2017/02/23(木) 15:35:41|
  2. ちょっと思ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【第2回:優れているのに、なぜか認知度の低い「木質ペレット」について・・・】(これからのエネルギーとして、ペレットについて、よく考えて見る )

最近、次世代エネルギーとして話題の「木質ペレット」、いやいや、ホントはそんなに話題になっていないですね・・・。

あんまり話題にならないので、皆さんあまりご存じないと思います。接点もないですし・・・。まずは、どんなものなのか・・・?

「木質ペレット」は、間伐材や、おが屑(くず)、かんな屑など、製材副産物や廃棄物(樹皮、建築廃材など)を、

乾燥させて、圧縮成型した小粒の固形燃料のことです。

ペレット最大の使用先は、バイオマス発電の燃料用の40%、次いで農業分野、保養福祉施設などの給湯、暖房などです。

家庭用は主に、ペレットストーブなどの暖房用やボイラーなどで、ペレットの生産量全体の5%程度です。

ペレットは、乾燥圧縮の加工がされているので、体積は木材チップの1/2、容積当たりの発熱量は3倍の優れた燃料です。
また、一般的な燃料の灯油と比較すると発熱量は1/2なので、灯油1ℓに対してペレット2kgで同じになりますね。

単価的に比べてみると、灯油1ℓ:ペレット2kg=約78円:約100円なので、コスト的には、そんなに大きな差はないよ
うに思われます。

不要なモノから作れて、地産地消にも貢献できて、燃料的にもこんなに優れた材料なのに、知名度も低く、なぜか人気がないペレット・・・。

ちなみに世界的には年々普及も進んでいて、全世界の年間生産量は、右肩上がりの2800万トン(2015年データ)。

ちなみに、日本の「木質ペレット」の生産量は、少しずつ増えてはいるものの年間12万トン。しかも、近年は価格の安い外国産(主にカナダ産)が輸入されて、国内生産量は頭打ちです。

「では〜、工場をジャンジャン作って、大量生産して、価格をさげればいいんじゃないか」とすぐに思ってしまいますが、問題はそんなに単純ではありません。

実は、既存の生産能力は余っている状態なんです。

工場の平均稼働率は、12.5%。季節稼働している工場が多いそうです。

問題は、小規模で生産性の低い工場が多いことや製品利用の増進がなく、

マーケットとして「木質ペレット」が流通していないことです。

埼玉でも、飯能や東松山でペレットの生産をしてますが、

近所のホームセンターを数件廻っても、どこにも置いてありません。

(生産工場に行くと直接購入できます。)

ちなみに、ホームセンターでは、その他の燃料の灯油、薪、豆炭、練炭、ナラ炭、備長炭は、

しっかり販売していますので、それはやはり需要がないということでしょう・・・。

余談になりますが、そのホームセンターにも、ペレットの需要があることは、あるんです。

それは、消臭効果のある「猫砂」としての用途として・・・。

たぶん、燃料用のペレットと同じモノだとは思うのですが、

成分表示がないので、家で燃やすのにはちょっと不安があるのですが・・・。


唯一、近隣の薪/ペレットストーブのショップにありましたが、それも埼玉産ではないんです。

(それには、いろいろと理由があるのですが、横道に逸れてしまうので、次回に・・・)


また、「国産」と聞くと品質は良さそうですが、

ペレットに関しては、日本産は製品としてのバラツキが大きくて、まだまだ世界基準に追いついていないようです。

これって、農業(お米の問題とか・・・)とか、林業(製材した国産材の消費・・・)、

漁業、水素/電気ステーション、地熱発電、フリーWi-Fiなどの問題と根本的に同じような気がします。

構造的な問題ですので、なかなか解決は難しいと思いますが、

どうすれば、より良い方向に進んでいくか、個人的にできることを含めて、考えてみたいと思います。


次回は、【第3回:木質ペレットから見えてくるお国柄】について


16865106_1377847175629054_8225476939090001787_n.jpg

独楽蔵ホームページはこちら

  1. 2017/02/20(月) 22:25:18|
  2. ちょっと思ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【イントロが大事です!】

美味しい食事の前に、食前酒や前菜があったり、

名曲には記憶に残るイントロがあるように、

いい空間を創るためにも、そのアプローチの演出が大事になってきます。


いい空間は単独では存在しません。


いい茶室にも、いい露地(庭)がありますよね・・・。


それは、普段の空間や時間の領域から変化したり、境界を越える際の合図、一呼吸になります。

サッカーの長谷部選手ではないですが、「心を整える」ための、少し改まった時間や空間です。


今回の現場は、オフィスの応接室の改修工事。

エレベーターから降りて、全体の色調や明るさを抑えられたアプローチを抜けると、明るい応接室に・・・。

足裏の感触や肌感覚も大事です。

アプローチの毛足の長いタイルカーペットや専用のエアコンで、感覚的に違いを出していきます・・・。

大事なお客様を応接室にお迎えするために、左右に書棚を配置しました。

書棚の上部には照明を取り付けました。

扉を開けることはないので、埋め込みにせず、建具の框でちょうど隠れるように制作してあります。


170217-01.jpg

170217-02.jpg

170217-03.jpg

170217-04.jpg


独楽蔵ホームページはこちら

  1. 2017/02/17(金) 18:40:51|
  2. ちょっと思ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【リビングに時計は必要か?】機能主義についてあれこれ

自宅のリビングのお話。

基本的にあまりモノを置いたり飾りたくなかったり、時間もきっちりと意識したくなかったので、
今まではリビングに時計がない状態でした。

目の届く台所には、柱時計(アンティーク)も、あって時間もわかりましたし・・・。

しかし以前から、妻の強い不満があり、結局、掛け時計をつけることに・・・・。
家族からの要望は次の通りです。

① 止まらない、狂わない時計がほしい。(アンティークは不可)
② 子どもが、時計を読む勉強のため、文字盤のあるモノがいい。
③ ②の理由で、文字盤に数字があるほうがいい。
④ 遊びに来た息子の友達に時間を聞かれるので、わかる場所に。
⑤ 料理をしているときに不便なので、台所から見えること
⑥ 値段が高くないモノ

私の希望は一つ。「あまり目立たなくて、シンプルで、キレイなもの」であるということ。


選んだ時計は、ディートリッヒ・ルブスが、1982年にBRAUN社初の掛時計としてデザインし、
ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久展示所蔵品となった[ABW30]の復刻モデル。

シェーバーで有名な、あのBRAUNです。

復刻版は[ABW30]と異なる部分も多くて、廉価版という印象も受けますが・・・、
その特徴は引き継いでいます。
この時計は、少し角度がついた文字盤や、表面のカバーがないことで光が反射しにくく、
どの場所からでも見やすいのが特徴です。

また、一見、表面のカバーがないことで、表面にホコリや着いたり汚れやすいのでは・・・という疑問も沸きますが、
直接指で針を回して簡単に時刻を合わせることができるという利点もあるようです。

いろいろなことがホントによく考えられて創られています。

そのBRAUNのデザインチームに、伝説のプロダクトデザイナー [ディーター・ラムス]がいます。
彼が、プロダクトデザインをする上で考えた「よいデザイン10箇条」という心得があるのですが、
それは次の通り・・・。

① 革新的である
② 実用をもたらす
③ 美的である
④ 理解をもたらす
⑤ 謙虚である
⑥ 誠実である
⑦ 長命である
⑧ 最終的にディテールへと帰結する
⑨ 環境への配慮とともにある
⑩ 可能な限りデザインを抑制する

若い頃建築を学んで、バウハウスの流れを汲む彼の哲学は、
とても共感できますし、これから建築を計画する上でも、とても拠り所となる言葉だと思います。

ラムスのデザインは、現代のデザイナー達にも多大な影響を与えているそうですが、
その中にはiMacやiPod、iPhoneをデザインしたアップルのジョナサン・アイブも含まれるのも有名な話です。

tokei-003.jpg

tokei-001.jpg

tokei-002.jpg

tokei-005.jpg

独楽蔵ホームページはこちら

  1. 2016/12/25(日) 17:23:27|
  2. ちょっと思ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【紙幣を介さない経済(独楽蔵の場合)】

藻谷 浩介氏の著書、「里山資本主義」の中で「貨幣を介した等価交換」=マネー資本主義のアンチテーゼの一つとして「貨幣を介さない物々交換」があげられていました。

もちろん、あくまでも、貨幣経済と違う価値観としての「物々交換」ですので、それが新しい世界のモデルとして社会の主流になるとは思いません。また、地方再生としての、地産地消やペレット、バイオマス、ライトレール(路面電車)などの経済活動が、難しいことも重々承知しています。

しかし、地方都市の暮らしやネットの世界において、サービスやセーフティーネット、食料調達などの行為が、貨幣を介さずにやりとりされる(一般的な経済活動以外の異なった)レイヤー(世界)が、人知れず存在しているのも事実です。
地方の暮らしの豊かさや日常の安心において、とても重要な位置を占めているのは間違いないですし、これからの社会を考える上でも大事な要素の一つだと思います。

独楽蔵では、アトリエの大量の落ち葉で、落ち葉堆肥を作っています。

別に、何か得をするために作っているわけではなく・・・、袋に詰めてゴミに出すより、1カ所に集めて堆肥にしたほうが、庭掃きの作業効率がいい、つまり楽だからです。

今年も、落ち葉がたくさん落ちる季節になってきたので、去年の堆肥を空にして場所を空けなければいけません。ちょうど、堆肥をほしいとおっしゃる方もいるので、全部持って帰ってもらうことになりました。

その方が乗ってきた軽トラには、たくさんの薪が載っています。これは、りっぱな「貨幣を介さない物々交換」。
「落ち葉」→「ゴミ」にならず、「落ち葉」→「堆肥」→「薪(燃料)」に変身、まさにわらしべ長者のようです。


とても、気持ちがいいし、至極、真っ当・・・。貨幣を使わないので、消費税が発生しないのも、うれしいところ・・・。


161206-001.jpg

161206-002.jpg

161206-003.jpg


  1. 2016/12/06(火) 16:35:37|
  2. ちょっと思ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ