category: ちょっと思ったこと  1/21

【同じ国宝なのですが・・・。】

GWの帰省の際に、松江城にも行ってきました。子どもの頃、花見で訪れたのが最後ですので、たぶん、40年ぶり(?)くらいでしょうか・・・。記憶の中では、小さいお城だったのですが、久しぶりに見た松江城は、城郭も大きくて、石垣もそりあがって、とても立派で、かなりびっくり・・・。記憶は当てになりませんね。さすがに国宝!散策の後、お城を囲む堀を遊覧船で巡る「堀川めぐり」にも乗船。こちらは初めての体験です。橋の高さに...

  •  0
  •  0

[HOUZZ JAPAN]のイベント

先日、住宅デザインのプラットフォーム [HOUZZ JAPAN]のイベントがあったので、ちょっと様子を見に・・・。場所は、先日渋谷にオープンして話題の[TRUNK (HOTEL)]の準備室・・・。ホテルとは別の、表参道の地下にあって、イベントやスタジオとしてのレンタルスペースとして使われているようです・・・。誰も食べていない手鞠寿司をつまんで、早々にドロン・・・。独楽蔵ホームページは、こちらfacebook(長崎昭人)は、こちら...

  •  0
  •  0

【JR高知駅】

市電が乗入している駅は、雰囲気がありますね・・・。JR高知駅は、駅舎をすっぽりと覆う大きなR屋根が特徴です。文字通りスッポリなので、ホームに屋根を支える柱がないのも、大きな特徴の一つ・・・。ちなみに、この駅舎の設計も、内藤廣さんです。駅には、龍馬の両脇に、ちょっとぷっくらした中岡慎太郎と武市半平太も・・・。独楽蔵ホームページは、こちらfacebook(長崎昭人)は、こちら...

  •  0
  •  0

【牧野記念館:設計者の視点から見た特殊な収まり・・・】

①排煙窓の収まり排煙窓は、火事の際、室内から煙を出すための窓。ですから、一般的に壁の上のほうについています。壁材と同様の杉板をパネルにして収めてあるので、目立たないような配慮があります。ここでは、壁に合わせて、一つ一つ大きさが違うので、計算が結構大変なんです。②キール(背骨部分の鉄骨梁)何十メートルと長い部材なのに、ジョイント部分がありません。現場溶接のはずですが、溶接部分がわからないくらいキレイに...

  •  0
  •  0

【沢田マンション(高知市)想像以上でした・・・】

高知で見てみたかったモノの一つが「沢マン」。土佐の郷土料理ではありません。高知市内にある約70世帯の5階建てマンション:[沢田マンション]の通称です。このマンションは、建築主の沢田さん夫妻が、ほとんど2人だけで、設計から工事を行って建てたマンション。沢田さんは建築を独学で身につけたそうで、いうなれば素人の方。ですから、設計を行ったといっても、図面はありません。イメージがあるのは、彼の頭の中だけ・・・。着...

  •  0
  •  0