有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

【ラジオ:インテリアとして成立する佇まい】 (Amadana:アマダナとBang&Olufsen:バングアンドオルフセン)

デザイン家電のブランド:AmadanaとFMラジオの合同のプロジェクトで、

ラジオ本体を制作したことが話題になりました。

ラジオをもっと日常生活の中に取り込むために、

インテリアとして成立する佇まいを考えてデザインされたそうで、木質系のフロントが特徴です。

Bluetoothスピーカー対応、目覚まし機能、スマートフォンの充電、連携、

もちろんエリアフリー、タイムフリーでラジオも楽しめます。

イヤホンジャックが無いことや、あえてモノラルスピーカーなトコロも挑戦的です。


わたしもラジオが生活の一部になっていますが、

わたしの中で木質系のデザインが印象的なラジオと言えば、

Bang&Olufsen社(デンマーク)のラジオ:Beomaster700。


天板とサイドのチーク材が印象的な、片側モノラルスピーカーの1960年代のトランジスタラジオです。

兄弟機に両側にスピーカーのついたBeomaster900Kもあります。

本体が大きいこともあり、インテリアとしても存在感がありますが、

スッキリとしたデザインで各所の収まりがとてもいい、美しいラジオです。

デザインはデンマークのHenning Moldenhawerさん。

元々、建築家だそうで、デザインの家具的な視点が、なるほどと思わせます・・・。


フロントのPARIS,ROMA,MIRANO・・・などの都市にチューニングすると

当時の放送が聞こえてきそうな感じがしますが、もちろんラジオとしては使えません。

ですが、電源は入りますので、5pin DINケーブルでiPhoneに繋ぐと、

アンプ/スピーカーとして、音楽やラジオ(radikoで・・・)聞くことができます。


将来的にradikoのエリアフリー機能が海外まで拡がると、

外国のラジオが聞こえるようになるかもしれませんね・・・。

17203078_1314771238582826_2772445337440453808_n.jpg

f5847aac2898ff.jpg

17156292_1396350820445356_4798520242071655720_n.jpg

17201129_1396350827112022_1385943569263295157_n.jpg

17190726_1396350823778689_4815410264922046911_n.jpg


独楽蔵ホームページは、こちら

  1. 2017/03/09(木) 14:09:40|
  2. アンティーク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

LEDに交換

ホーローシェードのアンティークペンダントライト(フランス)

今までは40Wの白熱電球(ミニボールタイプE26口径)を使用していましたが、
電球が切れたので、LED化しました。

111030-01.jpg

ランプのソケットは、日本の形状に変えてありますので
電球も安価に購入することが出来ました。

新しいLEDは、1.4W消費電力もかなり違います。

111030-02.jpg

もともとの電球も明るいモノではありませんでしたので
明るさも気になりません。

色は、電球色のタイプを選びましたが、
ちょっと白っぽい気がします。

一番安いモノを選んだので、文句は言えませんね・・・。



  1. 2011/10/30(日) 08:16:50|
  2. アンティーク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海外電球のアダプターってあるんですね。

日本の電球と海外の電球のソケットのカタチが違うのをご存じでしょうか・・・?

111029-03.jpg

写真は、海外球。
接合部の形状が違いますので、日本のソケットに取り付けることは出来ません。

日本の電球は、白熱球→蛍光灯→LEDとシフトして、
だんだん、安くなって、種類も豊富になってきていますが・・・
海外の場合は、どうなんでしょう?

111029-02.jpg

海外球が必要なのは、
家のアンティークランプのソケットが海外のカタチだから・・・。

今後、白熱球も生産中止で、無くなっていくでしょうし、
電気代も節約したいので、ぜひ電球をLED化したいと思っていたところ
おもしろい商品を発見しました。

41Ih.jpg

日本型の電球を海外のソケットに取り付けすることを可能にするアダプターです。
(E26の電球をB22口金に変換)

知りませんでした!
ソケットのソケット!
なるほど、なるほど。
少し考えれば単純なアイデアですが、目から鱗です。

アマゾンでも数百円で扱っているようです・・・。

今度、購入して実験してみたいと思います!
(成功の場合、海外球の買い置きをどうするかも迷うところですが・・・)

111029-01.jpg

写真は、フランスのGRAS/RAVELランプのアームランプ:ブラケット(壁付)タイプ
1920年代頃のものだと思います。


  1. 2011/10/28(金) 00:45:35|
  2. アンティーク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GRAS/RAVELランプ

古いモノが好きなので・・・

100928-01.jpg

フランスのGRAS/RAVELランプのアームランプ:ブラケット(壁付)タイプです。
1920年代頃のものだと思います。

100928-04.jpg

クリップ式の2箇所のヒンジと・・・

100928-05.jpg

根元のキューブのヒンジ(後ろで締め込むようになっています)がとても特徴的です。

90年近く前のモノですが、軽やかさと独特のデザインは、フランスらしさを感じます。






  1. 2010/09/28(火) 22:48:57|
  2. アンティーク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アームランプ2

このアームランプは・・・

100928-02.jpg
ドイツのものです。(やはり1920年代頃・・・)
バウハウス時代のRademacher(ロッディマッシャー社)ランプです。

100928-06.jpg

厚みのあるホーローのシェード、スイッチ(左:黒ポッチ)、ヒンジの締め込みねじの
テイストは、こちらもやっぱり無骨な感じがドイツっぽさを醸し出しています。


100928-07.jpg

それぞれ、お国柄がでるものです・・・。

さて、それでは、下のペンダントライトは、何処の国のモノでしょうか?

100928-03.jpg

この軽さは、やはりフランスでした。
(シェード:ホーロー 白)


電球の生産中止が広がる中、これらの照明は生き残って行くことが出来るでしょうか???


  1. 2010/09/28(火) 22:00:24|
  2. アンティーク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ