category: 雑誌掲載など  1/3

【薪ストーブ年鑑 2017 (チルチンびと)】(飯能市名栗)

かつて囲炉裏があった築150年の古民家。改修で薪ストーブとして火が戻ってきた。家を暖めるのみならず、火はその周りに人を集める。飯能市名栗の民家が再録されました。もし、よろしければご覧ください。独楽蔵ホームページは、こちらfacebook(長崎昭人)は、こちら...

  •  0
  •  0

雑誌[チルチンびと 88]

現在発売中の雑誌[チルチンびと 88]の特集「人の集まる家にしたかった」に、西坂戸(埼玉県坂戸市)の2世帯住宅が掲載されています。ご興味のある方はぜひ・・・。...

  •  0
  •  0

建築・インテリア系のwebプラットフォーム[homify] の特集記事です。

建築・インテリア系のwebプラットフォーム[homify]の特集記事を3点。①川越のガレージを兼用してバスケットボールのできる家②高麗川沿いに建つ、アンティークの部材や建具、照明などが主役のシンプルな住宅③ホームパーティ&週末を愉しむ家...

  •  0
  •  0

【竣工5年目】

今日は、雑誌の撮影がありました。約5年前に竣工した住宅です。少し年数が経過して、家族の雰囲気に馴染んだ住宅は見ていてたのしいですね。計画中は、お腹の中にいた下のお子さんも、こんなに大きくなっていて、びっくりぽんです・・・。独楽蔵ホームページはこちら...

  •  0
  •  0

【28年ぶり 誌面上の再会】

先日、週刊誌の「私のすまい」というコーナーで、家に関するコラムを見つけました。その号(125回目)の家は、「文楽(浄瑠璃)人形遣いの桐竹勘十郎さんのすまい。」桐竹勘十郎さんのお宅は、今から28年前に独楽蔵で設計した住宅でしたものでしたので、その間の暮らしの様子を教えていただいたような気がして、とてもうれしい気持ちになりました。(下の写真は、竣工当時のものです。)独楽蔵HP 文楽人形の家紹介のページ...

  •  0
  •  0