有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

古いアームライト(GRAS フランス)をLED化

古いアームライト(GRAS フランス)の電球をLEDに換えてみました。

欧州の白熱球はソケット部分が、

日本のねじ式とはカタチが異なる引っかけるタイプなので・・・

日本のLEDを取り付けようと思うと

海外球から日本の仕様に変換するソケットが必要になります。

131103-01.jpg

変換ソケット(右)を取り付ければ簡単なように考えていましたが

通常の電球サイズ(E26)には、ちょうどいい大きさの電球がないので・・・
  
E26からE17に変換するソケット(中央)を追加。

照明器具に合うようなクリア電球のLED(左)を探すが・・・、結構高い。

131103-02.jpg

などなど・・・

三段ロケットのような構成に。

ややこしいので、ホントに便利なのか、わからなくなってきました(笑)。

131103-04.jpg

合体!

131103-03.jpg

やっと完成。

いい感じになりました。


  1. 2013/11/03(日) 11:35:42|
  2. DIY|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワックス掛け?

決して、水遊びをしているわけではありません(笑)

130508-03.jpg

床のワックスがけをしています。

130508-01.jpg

床は「バーチ材」の無塗装材なので、普段の生活で汚れますし、

日々のメンテナンスが必要になります。



無塗装材は、塗装品のフローリング材に比べて手間がかかったり、汚れたりしますが、

木の素材感は、大きな魅力です・・・。

130508-02.jpg

我が家は子どもがまだ小さいので、アウロ社の床ワックス(水性)を使っています。

汚れ落としとワックス掛けが一度に出来る優れもので・・・

柑橘系のいい香りも好きなトコロの一つです。


艶や光沢は少ないので、ワックス掛けをした達成感がないのが玉に瑕ですが、

普段の生活の中で気軽に出来るのがいいと思います。




独楽蔵ホームページ


  1. 2013/05/09(木) 09:37:39|
  2. DIY|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

漆喰材料「うま~くヌレール」は、うまく塗れるか?

リフォーム漆喰材料「うま~くヌレール」
ビニールクロス、合板、砂壁など既存の壁の上にそのまま塗ることが可能な材料です。

容器から取り出してそのまま塗るだけなのでとても手軽。
自分でDIYをやってみたい方に向いていると思います。

部屋を養生した後に

1~2mmの厚みを2回に分けて(下塗り・上塗り)コテ又はヘラなどで塗っていきます。

薄塗りなので、午前、午後で作業をすれば、1日で出来上がるというのも魅力。

臭いもまったくありません。

111023-01.jpg

DIYを考えている方には、おすすめしていましたが
自分で施工したことはなかったので、知り合いの家で挑戦(実験?)してみました。

111023-02.jpg

はじめのほうは、使い勝手がわからず悪戦苦闘でしたが
慣れて、コツがわかると作業のスピードもUP。

終わる頃には、かなり上手に出来るようになりました。

少し大きめのホームセンターには、置いてあると思いますので
皆さんも挑戦してみて下さい。
(解説無料DVDもありました。)


ということで、結論!

「うま~くヌレール」は、割とうまく塗れる!

そして、たのしい・・・。

そして、そして疲れました・・・。




  1. 2011/10/23(日) 03:30:15|
  2. DIY|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

枝 いっぽんでできること・・・。

枝 いっぽんでできること・・・。

110902-06.jpg

(ほんとにいっぽんの枝から・・・)



  1. 2011/09/02(金) 16:57:11|
  2. DIY|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

枕木について

デッキに使用する材料について、
先日、ジャラ、イペ、セランガンバツ、アイアンウッドなどの材料を紹介しましたが

それ以外に材料の選択肢に考えられるのが、枕木だと思います。
(露天使用の木製デッキについての場合で・・・)

枕木もかなり耐久性がありますので、うまく使用するとかなり長持ちをさせることが出来ると思います。

施工のポイントは、一度、水に濡れても、水が切れる状態にしておくことだと思います。
(長い間、湿気でグジュグジュにならないように・・・)

そういう意味で考えると線路の作り方は、とても理にかなっています。

枕木の下に砂利が敷き詰めてあり、枕木と砂利の接点が少なく、
常に乾きやすい構造になっています・・・。
(現在は、木製の枕木はほとんどなくコンクリート製になっていますが・・・)

デッキで使用する際も同様で、極力、土に触れないように
「ゲタ」をはかした状態で並べていくとよいと思います。

110727-02.jpg

枕木を選ぶ上では、新品を使用するか中古にするかという選択肢があります。

個人的には、中古材の素材感が好きですが、
中古材を使用する場合は、気をつけないといけないことが一点!

古い枕木には、防腐剤(クレオソート)の中に発ガン性物質が注入されていますので
防腐剤(クレオソート)を含んでいないモノを使用したほうがよいと思われます・・・。

110727-01.jpg
(写真は、ユーカリ材の中古枕木)

中でも、オーストラリア産の枕木は、ユーカリ材を使用していますが、
ユーカリ材は、強い抗菌作用があるので、中古材であっても防腐剤が注入されていません。

これは、選択肢の一つになるかもしれません・・・。


  1. 2011/07/27(水) 19:14:29|
  2. DIY|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ