有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

木製の模型

ショールーム展示用の木製の模型が出来上がってきたので

早速、芝庭で臨時撮影会。

120804-03.jpg

120804-02.jpg

写真で撮ると大きさの感覚があいまいになるので

ちょっと不思議な感じもします。

120804-01.jpg

120804-05.jpg

ここはどこ?(笑)

120804-04.jpg

120804-06.jpg


  1. 2012/08/04(土) 09:51:44|
  2. 造作|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クイズです!

こんにちは。

さて、突然ですが、クイズです!

こちらは、住宅の玄関なのですが、住んでいる方の名字はなんでしょ~か?

答えは、写真の下。

111107-01.jpg






答え「岸さん」でした。

今回は漢字をデザインしてみました・・・・。




  1. 2011/11/07(月) 17:00:11|
  2. 造作|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木の種類 いろいろ

独楽蔵の建物では、造作材、構造材などでいろいろな木を使用しています。

今日は少し紹介します・・・

100702-01.jpg

壁の羽目板は、タモの板目材(同じ樹種でも、板目と柾目があります・・・)
カウンタートップは、スプルス材です。

100702-02.jpg

壁の羽目板は、米ヒバ材
カウンタートップは、同じくスプルス材です。

100702-04.jpg

フローリングは、杉材
竣工すぐは、赤身と白太(しらた)の色の差がありますが
数ヶ月で、飴色に日焼けして、いい風合いになってきます。

框部分が、スプルス材です。
柱は、ヒノキの磨き丸太:直径300mm

柱の縦に筋が見えるのは、背割り(割れ防止のためにあらかじめ割ってある部分)に埋木をしたものです。

100702-03.jpg

ラワン材の木製枠
室内側にロールブラインドが納まる造りにしてあります

木製の建具が、6本(ガラス戸:2本 網戸:2本 雨戸:2本)が収まります・・・


  1. 2010/07/04(日) 00:52:22|
  2. 造作|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

障子?

打ち合わせで倉島木工さんに立ち寄りました

100611-01.jpg

100611-02.jpg

100611-03.jpg

相変わらず、きれいな芝です・・・

100611-04.jpg

現在、複雑な組子の大型障子の制作中です

出来上がりが楽しみです・・・

  1. 2010/06/12(土) 12:27:31|
  2. 造作|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

CD棚

朝起きると雪景色でした。
昨日の夜に雪に変わったようですが、今日は久しぶりに快晴です。

100214-01.jpg

飯能市の住宅の現場です・・・。

100213-01.jpg

リビングの一面に柱を細かく配置して、溝を掘り・・・

100213-03.jpg

寸法にあわせて、棚板をつくります・・・

棚は、無垢材にしようかと迷いましたが
板のたわみや変形、棚の数量を考慮して、
今回はシナランバー(表面材の樹種がシナの厚めの合板)を選択しました。

100213-05.jpg

小口(こぐち:正面の切り口の部分)は、同じ種類の表面材を張ります・・・。

100213-02.jpg

100213-04.jpg

溝に棚を取り付けるとこんな感じになります。

お客さんがCDのコレクションをたくさんお持ちなので、この棚は、CD専用の棚になります。
リビングの一面は、CDで埋め尽くされる予定なので完成が楽しみです。


  1. 2010/02/14(日) 18:13:35|
  2. 造作|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |