有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

冬の日差しは、

「冬の日差しは、ありがたい・・・。」(渡辺篤史さん風・・・)

120221-01.jpg


  1. 2012/02/21(火) 15:23:54|
  2. 日当たり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北面の[ひさしや軒]

北面の[ひさしや軒]は、日差しの点から考えると必要ありません。

居住性があまり良くなかったり(寒かったり、風が吹き抜けたり)
室内との連結も少ないので、
一般的に北面の「[ひさしや軒]による外部作業スペース」の必要性も高くありません。

(商店などの場合は、紫外線による陳列商品の劣化を防ぐことができるので
北向きの店舗が好まれる場合もありますが・・・。)


そう考えていくと、北面における[ひさしや軒]の役目は、外壁の劣化防止の意味合いが強いです。
(もちろん、意匠的に屋根の軒が必要な場合、物置、車庫など付随物がある場合を除きます。)

110803.jpg
(この住宅は、こちら


写真は、住宅の北側立面ですが、
軒がある部分の外壁は、モルタル吹き付け仕上げ。

軒が無い部分や壁面が跳ね出して雨に濡れやすい部分は、
屋根と同じガルバニウム鋼板を使用した仕上げにしています。

耐久性の違いをデザインと組み合わせています・・・。


  1. 2011/08/02(火) 15:52:15|
  2. 日当たり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日差しに対するひさしや軒の効果

ひさしや軒の話の続き

日差しに対しての[ひさしや軒]の効果については、方位別に考える必要があります。

方位によって太陽の高度が変わるので、日差しの進入角度が違ってきます・・・。
北面は、日が当たらないので、考える方位は3方向について

まずは、南面。

ひさしや軒が長ければ長いほど、夏の暑い日差しを遮ることが可能ですが
逆に、冬は室内に日光を取り込みたいので、そのさじ加減が必要です。

経験的には、3尺程度(910mm)が有効であると思います。
夏の直射日光をかなり防ぐことができ、冬は、室内の奥の方まで光を取り込むことができます。

基本的な間取りで考えると、一般的に南側にはリビングがきますので、
その南面にはたぶん大きな開口があるでしょう。

その開口部分に長めの軒があるのは、使い勝手から考えても理にかなっています。


また、東や西面は太陽の高度が低いので、ひさしや軒で日差しを防ぐには、少し無理があります。

ただ、南側に準じて開口部があるでしょうから、ある程度のひさしは必要になってくると思います。

日差しの防御自体は、すだれ、障子、グリーンカーテン、落葉樹などで対応するのが効果的だと思います。
(南側の開口部も朝日、西日が入ってきますので、同様に効果的です。)

110801-11.jpg
(この住宅は、こちら

細かく考えていくと、住んでいる緯度によって太陽高度もかなり変わってきますので
適正なひさしや軒の長さは、世界中の国々によって異なってきます。
(日本の中でも、太陽高度はかなり違います。)

地域それぞれに風土に根ざした屋根のかたち・長さがありますので
見た目の好みだけで他の地域の様式を利用するのには、ちょっと抵抗があります・・・。


  1. 2011/08/01(月) 18:16:55|
  2. 日当たり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ひさしや軒の長さは・・・?

夏の暑い日差しを遮ってくれるひさしや軒ですが・・・
どのくらいの長さが適性なのでしょう・・・?

それを考える上では、何のためにひさしや軒が必要なのか・・・
その効果を考えてみる必要があります。

ひさしや軒の効果・・・

まず考えられるのは、前記のとおり、強い日差しを遮って室内に入れないこと。

そのほかに、その屋根によって外壁が濡れるのを防ぐことができることも。

濡れにくくなると、外壁の劣化を防ぐことができます。

また、少し広めの軒下は、雨の日の作業スペースに使用することも可能でしょう。

  1. 2011/08/01(月) 07:53:10|
  2. 日当たり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日当たりのこと

今日は朝からいい天気になりました。
冬は太陽の高度が低いので、部屋の奥まで日が注ぎます。

100207-03.jpg

床暖房、薪ストーブ、エアコン、ガスストーブなど、暖房の種類はたくさんありますが、
基本的に暖かい部屋をつくるには、やはり日当たりを良くすることが一番です。

ですから、住宅を計画する際は、まず「日当たり」と「通風」を大前提にプランを練っていきます。
最初の平面計画や窓の配置によって、家の暖かさは、かなり違ってきます・・・。

100207-01.jpg

朝食の際、日差しが眩しかったので、ロールブラインドを少し降ろすと
影絵大会が始まりました・・・。

100207-02.jpg

「そこのお兄さん、寝癖もくっきり映ってますよー!」


  1. 2010/02/07(日) 21:30:04|
  2. 日当たり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |