有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

柴又帝釈天 大客殿と庭園(邃溪園)

柴又帝釈天 ・・・大客殿と庭園(邃溪園)

120908-07.jpg

庭園(邃溪園)から大客殿を見る

120908-06.jpg

庭園の周囲に回廊がまわっています

120908-08.jpg

120908-09.jpg

120908-10.jpg

シメはやっぱり草団子

寅さんが入ってきそうな気がします・・・。


  1. 2012/09/08(土) 15:18:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

柴又帝釈天

移動の途中で柴又の帝釈天に立ち寄りました。

120908-01.jpg

表参道から二天門を見る。

120908-02.jpg

帝釈堂から本堂に渡る桟橋

120908-03.jpg

橋の床は600~800mmの幅のケヤキの一枚板を三枚並べてあります。

120908-04.jpg

垂木(たるき)、野地板(屋根の下地)ともケヤキ材を使用してあります。

120908-05.jpg

本堂脇の回廊をぬけると大客殿。

パート2につづく・・・。


  1. 2012/09/08(土) 15:11:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「野木町煉瓦(レンガ)窯」(栃木県野木町)

産業遺産の「野木町煉瓦(レンガ)窯」(栃木県野木町)を見に行ってきました。

この16角形の建物は、全体がレンガの窯(かま)になっています。

明治23年築造。
構造は、レンガの上に木造の屋根部分が掛かっている状態です・・・。

ドイツ人のフィリードリッヒーホフマンが考え出したホフマン式という窯で
建物内の16区画の窯を順次、循環・移動しながら窯詰・予熱・冷却・窯出の工程を繰り返す構造。
(それで、16角形になってます。)

建物のカタチと用途が一体になったまさに、産業遺産の建物です。

昭和26年の時点では、全国に約50基残っていたらしいですが
現在残るホフマン窯は、4基だけだそうです。

111203-01.jpg

残る3基は、建物のカタチが長方形や楕円形で、この「野木町煉瓦(レンガ)窯」の改良型。
そういう意味でもプロトタイプの16角形は、希少価値も高いそうだ。

明治時代の日本が、富国強兵、近代、西洋化のために国として力を入れていた様子が伝わってきます。

その後、コンクリートの時代になり、しだいに産業として衰退していくわけですが
近代の歴史を考える上でも、重要な資料として興味深いです。

111202-01.jpg

現在は、野木町による保存修理中なので、
建物を間近で見ることは出来ませんが、工事期間中にも見学会が催される予定だそうです。

このような保存・修理・維持管理など多額の費用がかかりますが・・・

紆余曲折があり、現在は町で管理しているらしい。

出来れば、残すべき遺産として国のレベルで管理してほしいと感じます。

111203-03.jpg

スロープは、主に燃料の石炭を建物に運ぶためのものであったそうです。

レンガの積み方にも、

イギリス積(強度がある):建物本体
フランス積(見た目がキレイ):スロープ部分

などあるそうで、ディテールなどじっくり見てもたのしい・・・。


111203-04.jpg

16角形の角部分:5角形の役物レンガ
(役物:特定の位置・用途だけに使用される異形の材料)


  1. 2011/12/03(土) 13:20:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天一美術館

天一美術館(群馬県みなかみ町谷川)に行ってきました。

天ぷらで有名な「銀座 天一」の創業者:矢吹 勇雄(岡山県総社生まれ)のコレクション。

時の宰相 吉田茂に「天一君、日本美術の逸品を守れ」といわれたという逸話もあるそうです。

建物は、建築家・吉村順三の遺作。

いい建物や美術作品って、写真じゃなかなか良さが伝わらないですね・・・。
(特にいいのは、内部とコレクションなので、撮影自体できませんが・・・。)

建築と作品のいい意味でのせめぎ合い、緊張感もあり・・・。
建築のディテールも、厳しいけど、やさしい感覚・・・。(何いってんだ?)

やっぱり、いいです。

111018-01.jpg

勝手なことをいえば・・・、
今、お金をたくさん持っている方にも、
こんな使い方をしてもらいたいと感じます。

床のフローリングもキズ、汚れなどなく、どういう具合にメンテナンスしてんのかナゾでした・・・。


  1. 2011/10/18(火) 16:41:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まだ、朝顔が咲いている・・・。

まだ、朝顔が咲いている・・・。

111017-01.jpg


  1. 2011/10/17(月) 19:29:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ